Profile

3才より祖父に奄美の島唄を習いその後島唄の大会で数々の賞を受賞。
2005年、山本寛斎プロデュースの「愛・地球博」に参加後、日本コロムビアより「恋し恋しや」でメジャーデビュー。
2013年、2015年、ミュージカル、新演出版「レ・ミゼラブル」にファンテーヌ役として初出演。
自身のコンサートや都内を中心としたライブ活動、イベントも多数。
アルゼンチンの異才のネオ・フォルクローレ・アーティストのマリアナ・バラフの東京公演へゲスト出演、共演を果たす。
2016年5月にはNYで初の単独、島唄LIVEを行う。
同年7月、フラメンコ舞踏団 Arte y Solera カスティーリャ・ラ・マンチャ・ツアー スペイン公演出演(トレド・クエンカ・アルカサル・デ・サンファン)出演。
9月、フランスのコルシカ島で毎年開催されている歌のフェスティバルRencontres de Chants Polyphoniquesに出演。
10月には、スウェーデンのヨーテボリオペラで初演された、ベルギーの振付家シディ・ラルビ・シェルカウイの作品「ICON」に音楽(奄美島唄のアレンジ・唄)で出演。
同作品は、2017年5月から世界ツアーが予定されている。
またシルク・ドゥ・ソレイユの公認ボーカリスト。
2018年 大河ドラマ「西郷どん」メインテーマに歌で参加

<舞台>
2013年 4月~11月  「レ・ミゼラブル」ファンテーヌ役(帝国劇場、博多座、大阪フェスティバルホール、中日劇場)
2014年 4月  響人第9回公演「楽屋」(APOCシアター)
2014年11月  フラメンコ舞踏団 Arte y Solera公演「道成寺」(日本橋劇場)
2015年 2月  フラメンコ舞踏団 Arte y Solera「フラメンコと和の出会い」東ライブ(新橋演舞場) 
2015年 4月~9月  「レ・ミゼラブル」ファンテーヌ役 出演(帝国劇場、博多座、梅田芸術劇場メインホール、中日劇場、静岡市清水文化会館マリナート)
2015年11月  フラメンコ舞踏団 Arte y Solera公演「infinito ~無限~」(日本橋劇場)
2016年1月  フラメンコ舞踏団 Arte y Solera「フラメンコと和の出会い」東ライブ(新橋演舞場) 
2016年7月  フラメンコ舞踏団 Arte y Solera カスティーリャ・ラ・マンチャ・ツアー スペイン公演出演(トレド・クエンカ・アルカサル・デ・サンファン)
2016年10月〜12月 シディ・ラルビ・シェルカウイ演出「ICON」出演(スウェーデン ヨーテボリオペラ)

<イベント・コンサート>
2005年 3月  山本寛斎プロデュース「愛・地球博」のオープニング・イベントに出演
2006年 5月  サッカー日本代表壮行会イベント「勝つぞっ」参加(埼玉スタジアム)
2007年 1月  山本寛斎スーパーショー「太陽の船」のフィナーレを飾る(東京ドーム)
2008年 7月  世界のアーティストが集う「愛と青春のヒットソングス」に日本代表として出演2009年 5月 日本・インドネシア友好50周年を記念 山本寛斎スーパーショーに出演(インドネシア/バリ)
2010年 5月  上海万博日本館「JALステージ」にてコンサート
    6月  アメリカ/LA「アームストロングシアター」にてライブ
2011年 7月  スイス世界体操祭にてライブ
2012年 3月  沖縄国際アジア音楽祭に出演
    8月  新潟佐渡国際芸術祭「アースセレブレーション」出演
2014年10月  Artist Company 響人プロデュース 太陽と月とスッポン出演(渋谷WWW)
2015年6月  アルゼンチンの異才のネオ・フォルクローレ・アーティストのマリアナ・バラフの東京公演へゲスト出演、共演。
2016年4月  カナダツアー2016「紡」出演         
      5月〜8月  「言ノ葉ウタイ」東京〜NY〜奄美 ツアーライブ  
   9月  歌のフェスティバル Rencontres de Chants Polyphoniquesに出演(フランス、コルシカ島)

<TV・映画>
2007年  「おしゃれ工房」ナビゲーターとして大島紬を紹介(NHK)
     「服部良一~生誕100年記念~」(NHK-BS)
2008年  きょらしま奄美ハイビジョン放送「鹿児島県地区の放送」ナビゲーター(KKB)
     音楽番組「うたなび!」にて月1回、「さとなび!」12月まで担当。 
2010年  NHKドキュメンタリー映画「ヤノマミ」音楽参加(新宿バルト9にて上映)
   「さらさらサラダ」(NHK名古屋)
2018年 大河ドラマ「西郷どん」メインテーマに歌で参加・出演

<ラジオ>
2005年11月  サタデーナイトスペシャル「里アンナの夢何処」パーソナリティー(ラジオ日本)
2010年 3月  「ネリヤカナヤ」パーソナリティー(アメリカLAラジオ局 TJS Radio)<~2011年>

<CD・DVD>
1997年  きょらうた/里アンナ  97年度 奄美民謡大賞新人賞受賞を記念してセントラル楽器が製作の島唄18曲
2000年   舞Mai/菅井えり 「HONEN BUSHI ほーねん節」に参加
2004年   癒Ⅴ/パシフィックムーン コンピレーション オリジナル曲「月の足跡」で参加
2005年   恋し恋しや/里アンナ デビューアルバム
      夢何処/里アンナ 2ndアルバム 
2005年   ASIENS SPIRIT OF ASIA/J-WAVE  「月の足跡」で参加
2006年   祭/吉田潔 ゲストボーカルで「鯨伝説」「熱風」「いのちの祭」に参加
      水無月/里アンナ 3rdアルバム
    STB139/里アンナ LIVE DVD   
2007年    OASIS ROAD/永島広 ゲストボーカルで「Bayram」に参加
       My Dear/J&O オリジナル曲「水無月」の歌詞を標準語で書き下ろして提供
       きゅらうた/里アンナ シングル
    島唄/里アンナ 4thアルバム
2008年 吾島/ANNA   5thアルバム
2009年 吾島/ANNA  海外リリース
2009年 宵祭り/里アンナ 6thアルバム
2015年  紡唄/里アンナ 7thアルバム

<受賞歴等>
1989年 奄美民謡大賞 KTS賞・奨励賞 他
1994年 鹿児島県民謡王座決定戦 優勝
1997年 奄美民謡大賞 新人賞

 
 
 
Anna Sato, whose rich voice evokes the spirits of her native Amami Island, has won many shima uta (islandsong) contests.
She has released seven recordings, receiving international acclaim for her powerful voice and distinctive singing techniques.
Today, Anna’s home island of Amami is officially part of Japan,
but the archipelago still has its own dialects and cultural traditions that are distinctively different to those of the mainland.

Anna began learning shima uta from her grandfather, Sumio Megumi, fromage three.
She has been singing ever since, and in (year) she moved to Tokyo to pursue a career in music.In 2016,
she performed in concerts around the world, from New York City to Corsica,
France. She also caught the eye of renowned choreographer Sidi Larbi Cherkaoui and participated in his dance production ICON
as an arranger and live singer.
As a result, Anna has earned innumerable fans worldwide and many more international projects are on the horizon
for her in 2017 and 2018.

Folk songs sung in the distinctive dialects of Amami (shima uta), are one of the main cultural resources of the islands.
Island communities would originally compete with each other in song events known as uta ashibi and many of the traditional songs
have been preserved.
However, due to Japan’s standardized education system and powerful, centralized media, this culture is now under threat of
extinction as the number of native speakers of local dialects has steadily declined in the post-war period.

Anna’s mastery of shima uta make her an important cultural asset both in Amami and for all of Japan.
With a deep understanding of tradition and flair for innovation, she at once preserves the rich tradition of
shima uta while elevating it to a contemporary art form.

Selected Biography
2005 Opening event of EXPO2005 (Ai-chikyūhaku) produced by Kansai Yamamoto
2007 Kansai Yamamoto Super Show “Solar Boat” at Tokyo Dome
2010 Concert at Shanghai EXPO 2011 Concert at World Gymnaestrada
2012 Concert at Okinawa International Asia Music Festival participated to Earth Celebration of Kodo (Sado, Japan)
2015 Released CD “Tsumugi-uta” Collaborative concert with Argentinean musician Mariana Baraj in Tokyo
2016 Toured Canada with Tsumugi Project Shima uta concert at Roulette, Brooklyn, NYC Concert at Recontres de Chants Polyphoniques, Corsica, France with Toshiyuki Sasaki (drums) Dance performance “ICON”, as an arranger and singer, Gothenburg Opera, Sweden (11 performances)